圧倒的睡眠欲求

この記事は人間が書いています

適切な既読のタイミングを教えてほしい

 LINEで、適切に既読を付けるタイミングがわからない。
 スマホ依存症気味なので、通知がスマホいじってる時によく来る。

 あれ、どうするのが最適解なんだろうか。
 雑談などではなく、何かしらレスポンスを求められているものだとする。

 即座に開けると相手がびびるだろうし常にスマホ触ってる人みたいに思われそうで嫌だ、事実だけど。
 でも本当に偶然、携帯を開いた瞬間通知が来ることもあるので、よくわからない見栄をはろうとしてしまう。
 そして読んで返事をするまでの間に、もうひとつふたつ追加でメッセージが送られてくるかもと思うと即既読は躊躇してしまう。
 相手が追加の文章を打っている途中だったら焦らせるだろうし、なにより会話のタイミングがぐちゃぐちゃになるのが面倒なので。

 それに、自分が読んだところですぐに答えを返せない場合、既読をつければ返事をする必要性が出てくる。なお移動中や熟考が必要な内容の時がこれに該当する。
 すぐにはちゃんとした返答ができないのに既読をつけるとどうなるか、答えは簡単、既読無視だ。
 それはさすがに感じが悪いが、「ちょっと後で返事する!」とわざわざ言うのもなんだかなという感じである。じゃあ未読でいいじゃん。
 お互い都合があり、相手の望んだ瞬間に自分がメッセージを読めるわけではないことは承知の上だろう。むしろその時間の自由度が文字でやり取りできるSNSの強みではないだろうか。
 何人たりとも、未読であることことを責めることはできないのである。

 かといって、来ているのがわかっていてわざわざ長時間放置するのもどうかな、と思う。
 深夜とか早朝ならともかく、普通にほったらかすのは迷惑だ。相手が返答を求めているのだから。

 じゃあどうする、と考えて私が一番とってしまいがちなのが、5分程度待ってから読む、という方法だ。
 間をとっているようだが、これにも問題がある。
 会話のテンポがとてつもなく悪くなるのである。
 すぐに既読がつけばそのままリアルタイムでの会話に持ち込めるが、既読がないまま数分経過すれば「もうしばらく返事来ないかな」と思ってしまうだろう。そして携帯を置いて、しばらく注意を払わない。
 こうなった直後に私は返事を送っているわけだから、相手の想定する「しばらく」によっては一時間程度のロスが生まれることになる。
 メールならともかく、LINEでは長文を用いることが少ない。相手からのレスポンスがこまめにないと話を進めるのは難しいだろう。
 もう少し返事が早ければ、スムーズに会話が成立したかもしれないのに。

 そして考えうるもっとももどかしいパターンが、相手も同じように妙な気の回し方をして、5分程度のインターバルを入れてきた場合である。
 即レスなら即レスで返しやすいが、数分後の返事に即返すと、「え、返事はやw」と思われるのではないだろうか。もし相手もそういう細かいことを気にしてきたら?
 5分ずつのインターバル、会話1往復につき10分のロス。
 無駄すぎる。
 テンポの悪い会話はするだけで若干のストレスを生じさせる。より円滑なコミュニケーションは、どのタイミングでLINEを返せば成り立つのだろうか。


 とか書いてるうちに輝夜月のUFOのCM流れてきた、あれ見るとほんといろいろどうでもよくなる。NG? 深夜に 麺類 カモン 日清 焼きそば UFO のとこが好き。

 好きなタイミングで返せばいい。以上です。

いつかみんな大丈夫になる

空虚である。

辛いとすら思っていないのに、虚しさがある。
非常に能天気に春休みを謳歌しているだけで、日々に心配事や反省点はあれど、過剰にしんどいことや辛いことなどありはしないのだ。
でもなんか気づくと帰りの電車で泣いていた。何? 怖いんですけど。

理由のない感情がめちゃくちゃ怖い。なんでこんなに不安なの、と思うともっと不安になる。

そういうときはとりあえず気圧のせいにする。

今日は天気がよくなかったし、寒かったし。
そりゃあしんどくもなろうというものだ。そういえば普通に気分悪かったな。

そして、同じように泣いてしまう誰かのことを考える。

多分漠然とした不安は私が思っているより色んな人が抱えていて、みんな口に出さないだけなのだ。

こういうことを考えるとき、印象に残っているのは、「はちみつとクローバー」の花本先生が、さみしさを波に例えて説明する場面だ。
波がきて、引いて、それが周期的に繰り返されるその感じを、知ってる、と思った。
私は人生経験の浅い小娘で、本当に理解しきれているのかと言われればそれは違うのだろう。
でも、知っていると思った。
意味もなく声を殺して泣いて、乗り越えて、またぶり返す。延々とそれが繰り返される。凪いだり、荒れたり。でもどの瞬間も永続的でない。

衝撃があった。そういう感覚は多くの人がきっと持っているんだ。誰もが夜は波に揺られている。
自分だけじゃない、って、ありきたりだけど、安心する。

だから、自分がそうであるように、誰もが不安で、虚しくて、理由なく泣いてしまう時間を耐えていると勝手に思いこんでいる。そしてみんないつか大丈夫になれる日が来ると信じている。

他人は他人だし、具体性を持った誰かがその祈りの先にいるわけではないが、それでも自分以外のことを少し考えると不思議と心が落ち着く。
ぐるぐるした暗闇に小さく丸まった自分がどんどん落下していく光景が、自然と夜の浜辺に変わる。
波は穏やかに寄せては返し、月が海面を白く照らしている。呼吸が少しゆっくりになる。

自分のことでひとしきり泣き疲れてから、目を閉じて、みんなが大丈夫になることを考える。
みんなって誰なのか、大丈夫ってどういう状態なのか、なにひとつ輪郭は定まっていない。
あまりに漠然としていて、なにも解決しないはずなのに、心は静まる。
少しずつ自分の中で思考のための言葉がぼやけて、ほどけて、眠くなってくる。


おやすみなさい。

次は葡萄って書けるようになろうかな

怒濤のレポート週間が終わりほっとしました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私は計画を立てる意味がまるでないことに薄々気がつきはじめました。なぜなら実行しないから。
無意味に三連休を浪費したときはもう自己嫌悪がやめられないとまらないでしたね。
なぜ……? 予定は何もなく……あれだけあったはずの時間は……どこに……? 

そもそも予定では去年のうちに数個はレポートを消化しているはずだったので、予定って狂い続けてるんですよね。だめだこりゃ。

ということで自己嫌悪まっ逆さまになる前に、自分を少しでも励まそうといいところを一生懸命捻り出してみました。


この作業をするにあたって逆にめちゃくちゃ短所が思い浮かび、メンタルがやられかけました。そういえば私、自分の長所とか特技がぱっと出てこない人間だった。趣味すら即答できない。
自己アピールが死ぬほど苦手だし、以前ハンドメイドアクセサリーを通販で買おうとしたら迷いに迷った挙げ句「こんな素敵なイヤリングを私ごときが身に付けていいのか…? こういうのはもっとお洒落で素敵な人が身に付けるべきものであって…」だのとごねだして、知人に普通に怒られました。これだけで相当めんどくさい人間であることが伝わると思います。

前置きが長くなってしまいましたね、それでもどうにかこうにか絞り出したのでご覧ください。



①バラって漢字で書ける

突然ですが皆さんはバラって漢字で書けますか? 私は書けます。こう書きます。

f:id:nino739:20190204113157j:plain

合ってる? 合ってる…よね? 間違ってたら恥ずかしすぎるな。
別に漢字が得意なわけでは全くなく、薔薇は書けるというだけですが、意外と書ける人少ないんじゃないですか? どうですか?
まあ書ける人が少ないというのはわざわざ書く需要が低いからとも捉えられますね。この変換予測のご時勢にね。

余談ですが薔薇ってバランスよく書くのが難しすぎる。駄洒落じゃないです。
何回か練習した上に妥協しました。


②脱いだコートをハンガーにかけられる

すぐ床に投げ捨てたり椅子の背に掛ける癖があったんですが、さすがに何着もの服やコートが全部同じ椅子の背に重ねてあるのを見て(めくれどめくれど服が出てくるのでそういう手品かと思った)改めねばと思い2019年の目標にして意識したらけっこうできるようになりました。えらい!

次なる目標は部屋を綺麗に保つ、ですね。いきなりムリゲーになった。生花でも飾ればマシになるだろうか。


③妄想力が豊富

前回の日記で完全に「ない話」をぶつけてしまったので読んでくださった方はお気付きかと思いますが、架空に生きている側面があります。
夏には完全に虚構の日記を書いたこともありました(飽き性なのですぐ飽きました)。気が向いたらまとめて載せようかな。

あとあるあるとして共感を呼ぼうとよく考えることを話したらドン引いた顔をされることが多いので、そういうことにしておきます。


④卵焼きが作れる

まだ下手だしボソボソになっちゃうんですが、練習の末に勝ち取った巻きなので誇ります。折角なのでその過程に散っていったやつらを見てってください。

f:id:nino739:20190204113218j:plain

f:id:nino739:20190204113229j:plain

ひどいな。


⑤自分を客観視できる

なんか自分のいいところを探すに当たってスピーディーに30個くらい欠点が見つかったので、無理やりそういうことにしておきます。


⑥本を読むのがはやい

漫画の単行本なら大体1冊10分くらいで読めるので、漫画喫茶などでたいへん有利です。あともう少しで無料公開終了のWeb連載漫画を怒濤の勢いで読むときにも便利です。漫画ばっかり読んでるのがバレる。


⑦体内年齢が18歳

最近タニタの体重計に乗った結果です。筋肉量は少々心もとなかったのですが(祖母に負けていた)、意外にも体型は健康だったようです。よかった~。
実質未成年みたいなものなのでこれからそういうつもりで接してくださいね(?)。



以上、7つが見つかりました。
あんな考えてこんなに自己アピールとして役に立たなそうなことある? でもまあいいや。

自分にはいいところなんて一つもねえや……と思っちゃいがちな人、これくらいならなにか見つけられそうじゃないですか? 無理だったら人に聞いてみませんか。もしかすると、自分では背中の梅ぼしが見えていないだけかもしれません(フルーツバスケット再アニメ化楽しみ~~!)

まあこれくらいならわりとじゃかじゃか見つかると思うので、自分のいいところをどんどん見つけて、ついでに私のいいところも見つけてください! よろしくお願いします。

私からは以上です。
ご清聴ありがとうございました。

架空の犬の死がつらい

 愛犬は、名をとろろという。雪のように真っ白な、とは言い難いがとろろ程度には白いからである。わからない、こじつけだ。なんとなく、気づいた時にはとろろで、誰も由来を覚えていない。サモエドに似た雑種だった。

 私が物心ついた時にはうちにいた。アルバムにはぽてぽてした白い子犬と、これまたぽてぽてしたちっちゃい私のツーショットや、そこにさらに小さい妹が加わったスリーショットがよくある。子供と犬の組み合わせは最強であるからだ。

 夕方の散歩は私の仕事だった。好奇心旺盛なとろろに引っ張られ転んで大泣きして帰ったこともあったが、とろろは基本的にお兄さんで、私に合わせてくれていたように思う。優しい犬だった。ただ食い意地はすごかった。知らない間に焼き芋を拾い食いしていて、うわあごに皮をひっつけてびっくりしてひとりで苦しんでいた時には肝が冷えた。ぺろんととってやるとケロッとしていたので、その日のおやつはなしにしたのを覚えている。実はねだられてこっそりあげてしまったけど。

 高校に入ると帰宅時間が遅くなったりなにかと忙しかったので、とろろの散歩は気が向いた時だけになった。一緒に家でだらだらして、月に一度はシャンプーをした。ふわふわになったとろろは世界一可愛かった。家族でテレビを見ると、のすのすと私の腹に乗ってきた。修学旅行明けにはすごい勢いで飛びついて顔をなめ回してきた。あのあったかさと重さを今でも覚えている。

 落ち込んでいるとそばにきて、お気に入りのボールをもってきてくれた。珍しく雪が積もった年には狂乱といっていいほど喜び、公園の土まで抉ってどろどろになった。動物番組を見ては、「おまえが一番かわいいもんね~」と笑った。受験の時はとろろの誘惑を振り払うため学校の自習室に通ったが、反動で家に帰るとでれでれになった。

 とろろは私が成人する前におじいちゃんになって、ずいぶん軽くなった。おじいちゃんになってもとろろは世界一可愛いままだった。散歩のペースはどんどんゆっくりになって、今度は私がとろろに合わせて歩いた。何度か調子を崩し、入退院を繰り返した。苦しそうなとろろを見ると、私も苦しかった。

 やがてあまり目が見えないのか、ごはんをこぼしたり、今まで平気だった段差に躓いたりするようになった。近寄っても気づかないこともあった。ふんふんとよく動く鼻に手を寄せると、嬉しそうに顔を摺り寄せてきた。大学生になってからは、ずっともしかしたら、と思っていた。もしかしたら、明日帰ったら、この子はいないかもしれない。

 その日、偶然私はバイトがキャンセルになって早く帰った。とろろを中心に家族が集まっていたので、背筋が冷たくなった。とろろ、と名前を呼ぶと、ぱたん、ぱたんと弱弱しい動きでしっぽを振った。かつてはちぎれそうなくらい振り回していた、ふわふわしたしっぽ。その頃はご飯もあまり食べなくなっていて、痩せてあばらが浮いていた。

 老衰だった。穏やかな最期だった。眠るような。とろろは幸せだっただろうか。私は間違いなく、この優しくて大きくてとびきり愛しい白い犬にすさまじい量の幸福をもらった。またいつか押し倒さんばかりに駆け寄ってきて、顔中をなめて、ふわふわのしっぽをぶんぶんと振ってほしい。

 とろろ、ありがとう。

 

 

というここまでが犬動画を見すぎて犬を飼いたくなった私の妄想です。

この後辛くなり本気で泣きました。この話をしたら妹に「サイコパス……?」と怯えた目で見られたけど、こんなに共感することができる私がサイコパスなわけないだろ。この経緯まで人に話すと「いや自分の妄想に共感するのは共感能力関係ないやろ」と見事に論破されてしまいました。いやあの…想像力に限界はないから…他人を思いやることにも使えるはずでしょ……!

ちなみにうちはペット不可です。

ご清聴ありがとうございました。

重ね着のし過ぎで関節が曲げづらい

ずいぶんお久しぶりです。
継続的に書こうとかいうつもりはまるでないので三ヶ月おきくらいの更新になっていますね。
そもそもここがブログであることもあまり意識していない。備忘録というか、好きなようにくだらない文章を置いても怒られない場所です。レポートと違って。
まあ読んだ人には引かれてるかもしれないけど。メモの中に留まらせているのもなんだか虚しくなってしまうから、一番気楽な形に文章を書ける。

ということで支離滅裂に書いていきます。
寒くなってきまして、イルミネーションの季節ですね。
みなさんは夜景とイルミネーションは同じようなもんだと思う派ですか?
それぞれ違う見方をする派ですか?
私は後者でして、イルミネーションは完全に装飾、純粋に5歳児の頭で見てます。すご~い! ぴかぴかしててきれーだね! 
だから判定も若干シビアになる。
幼女、お世辞、言わない(幼女への偏見)。
我が大学は本当に心の底から冬季に一部でやっているイルミネーションがクッッソダサい。巻き方試行錯誤してる場合じゃねえぞ、LEDライト買い直すとこからはじめろや(問題発言)。学費を光らせるならせめてみんな楽しめる感じにしてほしい。

対して夜景ですが、これは人間の生活というか、文明を感じるものだなと。
夜景って綺麗だけど、綺麗に見せようとして作られているわけではないじゃないですか。
街灯、上から見たら綺麗だろうな~と建てられたわけじゃないし、電気の一つ一つがそこにいる人間が部屋の電気をつけているからであって、誰かに見せるためのもんじゃない。
忙しない車もどこかへ帰るために走っているのであって、自分が夜景の一部になると想定している人なんて多分いない。
そういう生活の集合体、人工物が目の前に広がると、景色が綺麗というのに加えて果てしない気持ちになります。
別に高いところから見ると私の悩みなんてちっぽけだな……とかいうはちゃめちゃ理論は一切適用しませんが。宇宙とかに行ったらさすがに違うかも。
ただ閉じたカーテンの向こうには色んな暮らしがあって、遠くの山の上にすら発電所の光が見えて、なんか…文明だな……と感じます。
でかい人工物に興奮する感覚というか。ダムとか。目に見える文明。

あともうひとつ考えたのが、夜景って高いところに行かないと見えませんよね。
高い、っていうのは支配のメタファーじゃないかなと思うわけです。
物理的ヒエラルキーとして上位だし。
思い返してみてください、悪の組織のボスのアジトはだいたいビルじゃないですか?
そしてボスは最上階にいませんか?
夜景を眺めつつワイングラスを揺らし、他の人間を駒として考えている言動をこぼしたりしていませんか? 
ドグラニオ様はそんなことないね。いかん、適当に言っていることがバレてしまう。
ルパンレンジャーVSパトレンジャー、面白いので見てください(ステマ)。
まあとにかく、高い位置にいるっていうのは支配権を持っていることを意識させるんじゃないかなと思うわけです。
そして夜景を作っている電気って、ある意味人間を支配しているものではないでしょうか。
なんだか今年のこととは思えませんが、象徴的な出来事として直近なのは北海道地震、のち北海道全域停電ではないだろうか。被害に遭われた方は本当に大変だったと思います。
無関係の私がこんなことを言うのはあまりに無責任だけど。
そして私はそれを聞いて、今の生活から電気がなくなったらと想像してぞっとしました。
今どれだけ電気に依存しているのかという自覚が足りていませんでした。
その今のほとんどの人間の生活を支配しているものを高さをもって見つめるということでそういう方向にも考えてしまう。

イルミネーションはひとつの舞台装置というかエンターテイメントであるわけで、例えばかの有名な神戸ルミナリエは鎮魂と希望を象徴するものですよね、そういう風により積極的に人にモーションをかける文化だと思います。
遥か昔に家族と行った気がする。人混み苦手マンなのできつかったです。すごく綺麗だったけど。

でもその起こりってなんなんだろう。
そういえば今日の朝、裸になった木に夜から朝にかけて降ったらしき水滴がたくさんぶらさがっていて、太陽の光でキラキラして綺麗でした。
ちょうど電飾をつけたみたいだなと思って、意外とそういう「きらきらして綺麗!」っていうのを自然から学んで飾ってる一面もあるのかな。
すべて妄想です。


結局本当に支離滅裂になってしもうた。
まあいいか、最近課題や発表が重なったりお出掛けの予定があったり漠然とした不安が強くて思考スイッチがオフになりっぱなしだなと思ったので、ストレッチみたいなもんです。
インターネットでストレッチをするな。

思考スイッチというのは別に学問的なもんでもなく、入ったから頭の回転がよくなるとか集中力が増すとかそんなことはなくて、だらーっと中学生が考えそうなこと(私はいつも中学生みたいなという枕詞でなにかを貶してしまうのでよくないですね)を考えるだけです。

それはそれとして病院の待合って暇

この年齢になっても、たまに日曜日はプリキュアのために8時半に起きる。
といっても全然ガチ勢じゃないので毎週追ってるわけではないし、今やってる『HUGっと!プリキュア』も本当に途切れ途切れにしか知らない。
なのでプリキュア好きを自称するほどではないけど、たまに見てはすごく感動してしまう。

例えば今のプリキュアでは、ネットニュースにもなってたみたいだけど、19話でジェンダー論に言及するような発言や思考があって、その回をたまたま見ていて、すごい、と思った。今の子供たちは、こういうメッセージを受け止めて大人になっていけるのだ。
子供の頃はよくプリキュアごっこをしていた。
要するに、彼女たちになりたかった。プリキュアとして変身して、かわいい衣装とかっこいいアクションで戦う。好きだったし、憧れの対象だった。
けど今になってプリキュアを見てみると、やっぱり幼稚園児の時とは違う視点が自分の中にある。
大人の事情を理解できるようになっているから、なにも考えず全てをただ享受するだけだったストーリー展開だとかキャラクター設定、ビジュアルや必殺技、全部に作り手の考えが張り巡らされているということを知っている。
番組がメインの視聴者として狙い定めている層を出てみると、どんな風にメイン層を楽しませようとしているのかとか、製作陣の意図が少しずつ見えてきた、ような気がするのだ。
とはいえ私くらいの年代の人たちや若いお母さん世代も視聴層として狙われているのかも。
小ネタに留まらずまさかガチで初代が出てくるなんて! 来週はかつてリアタイしていた全人類、録画してでもプリキュアを見てくれよな。みんな大好きふたりはプリキュアだぞ。
こういうの、15周年という歴史があっていいですね。当時テレビの前で夢中だったみんなが原点にして頂点だと思ってるけど、今の子はせいぜい駅の広告やCMくらいでしか知らない。年月を築いてきたのだという実感がありますね。

子供向けの番組の影響力は、誰もがわかっていると思う。『HUGっと!プリキュア』のテーマが「赤ちゃんの子育て」というものであることが明かされた時、懸念の声が巻き上がったくらいだから。
ソースはちょっと持ってこれないんですけど、「プリキュアだって子供だというのに母性を強調するのか」「子供たちに子育ては女の仕事という概念を植え付けることにならないか」という意見をTwitterで見かけました。
この不安は子供たちの価値観とアニメというか、外部からの刺激が直接的に繋がっていると考えている人が多いからかな、と。
実際に始まってみると、予想を大きく越えてプリキュアは「なんにでもなれる」ことを強調し、前向きな言葉と態度で子供たちにエールを送っている。
女の子はヒーローになれるし、男の子だってお姫さまになれる。それをこんなにまっすぐに謳い、発信し続けている。いいな、と思う。
私がそうだったように、きっと子供は提供される物語を素直に受け止める。構造を疑うということをあまり知らないから。
身近に子供がいないのでわからないんですけど、やっぱり小さいとメタ的なものはまだ理解してないんじゃないだろうか……? だからこそテレビのなかのお話は(子供がフィクションだとわかっていても)真実で、だからこそ彼・彼女らのために作られている番組は、とても細やかに作られているんだと思う、なんか推測ばっかりになっちゃってるけど。
もうプリキュアに女児向けアニメという言葉はふさわしくないのだ、と気づかされた。
そういう枠をとっぱらおうとしているものを、そういう風にはもう呼べないな。便宜上呼んじゃうかもしれないけど。


子供の時と違う視点があるって思ったのはもうひとつあって、この前の金曜ロードショーではじめて『ファインディングドリー』を見たんですけど、あれめちゃくちゃよかったね!? 泣きました。2回くらい。
実は私、『ファインディングニモ』が生まれてはじめて映画館で見た映画で、私はその時幼稚園児で、マーリンとドリーの冒険にわくわくして、魚視点で人間に怯えて、純粋に楽しんだんだけど、ドリー、昔は(あんまり覚えてないので自信はないですが)なんか間抜けだけど面白い魚としか見てなくて、なんでも忘れちゃうのがなんでかなんて考えもしなかった。
変なの、でも字が読めたりしてすごいんだな、それで終わり。
これも、純粋に映画を楽しむということができている時点で絶対に間違いじゃないと思う。
ただ、発達障害というか、単に個性です! っていう構造じゃなくて深刻な問題になっているのが理解できるようになった今だと、色んなことを考えてしまう作品だなと感動した。
キャラクターが抱える様々なハンデを解決していくんじゃなくて、どう付き合っていくかをすごく丁寧に描いている。
マーリンの視点が世間の声、という考えがすごく腑に落ちる。正直、私も映画を見ていて時折ドリーにイライラした。
けど、途中からどんどん引き込まれ、同調して、気軽に「簡単でしょ!」と言われる場面で一緒に不安になったりしんどくなったりした。
みんなができる「簡単な」ことが自分にはできない情けなさ。
ドリーができなくてごめんなさい、って何度も謝るシーン、苦しくて苦しくて泣いた。
どうやってそれを受け入れて上手に扱うか、周囲の接し方、愛情、そんなものが難しくてあたたかくて優しくて、それでも少し泣いた。
これって泣き虫以外にさして不自由がなかった頃の私には持ち得なかった感情だ。
今『ファインディングドリー』を楽しんだ子供たちは、もっと大きくなってから同じように同じものを見たとして、どういう風に受け止めるんだろうか。

今例に挙げた2作品のみならず全般的に言えることとして、その時の自分の立場やタイミングに応じて色んな見方ができるっていうのは、創作物の素敵なところだな、と感じました。というとってつけたような表現文化コースっぽい発言で終わりにします。ありがとうございました。

教習日記(仮)

仮免までの真面目にくだらない日記 カーブと左折でわめく憐れな女


5/9(水)

初めて車を運転しました。延々教習所の二階の道路をぐるぐるしてた。めちゃくちゃびびった。えっ私本気で初めてなんですけど? カーブで対向車来てるよ? 大丈夫? 事故るよ? とごちゃごちゃ考えていたら一時間過ぎた。生きて帰れた。えらい。
実は模擬のシミュレーションで50km/h出してすべてのカーブで車体を擦ったという前科がある。マリオカートからやり直せ。
カーブがとにかくこわい。どれくらい回せばどれくらい曲がるかあんまりわかってないし。甘くないと聞いていた担当指導員のKさんは初回なのでさすがに優しかった。怯えすぎて運転中だいたい「大丈夫やで 大丈夫大丈夫 できてるよ 大丈夫やでー」と小動物をなだめるテンションで言われ続けた。小動物なので日常生活でもこれくらい優しくしてもらいたい。

5/11(金)

今日も生きて帰れた。今日の指導員はFさん。優しくていいおっちゃんだった。
「字汚いけど書き込ませてもらいますねー」と謙遜していたけど全然気にしないでほしい、前回のKさんの書き込みの筆圧が強すぎて私の運転教本はすでに若干破れている。
カーブと駐車、発進を軽くやった。駐車は相当慣れないとスムーズには無理だという気配がする。まだ不安定だけど前回よりはちょっと慣れてきた、かな。
今日も「緊張してるな!? 緊張しない! 大丈夫やで!」となだめられた。あと前回に引き続きもっとアクセル踏みやって言われたので私は相当とろいらしい。でも直線で「もっと踏むー 大丈夫もっといってみ もっと まだまだいけるよ」と言われるとなんだか理性の箍が外れそうになるのでやめてほしい。
右と左が本当にわからないけどまだ間違えていない。二分の一の賭けに連勝している。よかった。


5/16(水)

ブレーキが踏めない。正確には踏みすぎて時速0㎞で走ってるのに最後の最後に急ブレーキになる。止まれよそこは。もう思念で止まってくれ。
あと急なカーブができない。右折左折こわい。いっぱい回すということに慣れてなくて手元もバタバタするし、自然と視線がハンドルに固定されてしまうのでよろしくない。
ヨイショされてとった免許こわすぎるしいいんだが、やっぱ隣で注意される以外のリアクションがあんまないと緊張してしまう。びびってあんまりうまく声が出なかったのでやべえなと思った。まあみんな大体そうだと思うけど、私は萎縮すると声が出なくなる。
今日も生きて帰れた。私えらい。

5/18(金)

ついに右と左を間違えた。しかも言われるまで全く気づかなかった。えへへ。
坂道はわりと簡単にいけた。AT様々だ。問題は左折である。左折ができない女、やばくない? 全部右回りのルートしか使わなければ解決だね。
バックとS字クランクもちょっとやった。S字クランク、感覚が全然つかめなくて笑いそうになってしまう。わからん。でもそれより左折の方が無理なのにも笑ってしまう。笑い事じゃない。
今日は直前くらいに車が舞台のCoCシナリオを読んでしまっていたので、ちょっとだけ脳内テンションがおかしかった。初っぱなの左折で詰んで一瞬でお通夜まで戻った。ブレーキはスッと踏めるようになった。
そして車に限ったことじゃないけど絶対今後も意識しておかないと失敗する重要なポイントを改めて実感した。それでは発表します、調子に乗ると失敗する。リピートアフターミー。(耳を澄ます) うん、よくできました。褒められたらだめだということがよくわかりました。でもびびってると失敗するし、適温がわからない。難しいなぁ。

5/23(水)

今日も二時間連続、疲れる。けど実際乗ってると一瞬だ。右と左はまた間違えた。大体Kさんの方が折れて「まあええや、じゃあそっち行こか」と進路が変更される。
S字クランクとりあえずクリア! めっちゃもたつくけど。左折もちょっとましになった。えらい。
運転教本を預けたらお互いのうっかりが重なって返ってこなかった。「運転教本持ってないな?」って聞かれてそのときまだ返してもらってなくて手元になかったので「持ってないです!」って言ったけど、絶対認識に乖離があった。名前を書いてないので気が重い。持ち物に名前、大事ですね。書こうね。

5/25(金)

運転教本はまだ返ってこない。
今までで一番リラックスしていた気がする。今日はいきなり助手席ではなく運転席スタートで怯えながら発進したが、まあ発進が一番混乱しますわ……あっなんかいっぱいやることあった気がする~~! ってなって混乱してしまう。うっわ頭悪そう。
そろそろ教習で死ぬことはないとわかった。当たり前である。
とはいえS字クランクで一回脱輪したとき「切り替えや 失敗が尾を引きすぎや」と言われた。おっしゃる通りである。というか、びびりで判断力に欠け、見栄を張ったり調子に乗ると失敗し、緊張するとうまくいかず、失敗すると激しく動揺して引きずる、これは私の人生なのでは……? 車の運転で人となりが出るとかではなく、人生そのものを表象しているのでは……?

5/27(日)

今日は久しぶりのFさん、とてつもなく優しいので「うまくなりましたね~」といっぱい褒めてくれた。前担当してもらったときは左折ができなかったからな。超優しいけど優しすぎて落ち着かない。今日もS字引っ掛かりまくった。一発目はダメだ~~……。実は第一段階は次で順調ならラストの授業、よってみきわめが超怖い。「合図だしたら確認ですよ! 指示器、確認、指示器、確認って夜寝る前に唱えてくださいね」とありがたいアドバイスをもらったので唱えます。


6/4(月)

みきわめは無事終わり、終了検定本番でござった。なぜ武士口調? 受かりました。よかった。クランクで一回つまづいたのと確認不足を指摘されたのでこりゃ落ちましたわ! と思ってたら通りました。なんか適性テスト的な心理テストの結果も急に返ってきたけど、能力値は全体的に平均より上なのに精神力がめっためたで笑ってしまったあとスン…ッってなった。その通りでございます。めっためたっていうのはわざわざ言うまでもないけど、ものすごく不安定だということです。あたりめえだろ金と時間さえあれば病院行きたいくらいなんだわこっちは。
あとは学科。正直学科で落ちる気はしないので仮免とれました(気が早いな?)。とかいって落ちたら恥ずかしいのでざっくり勉強はします。


6/17(日)

学科受かったので仮免とれました。おめでとう私。Kさんに報告したら今まで事務的だったのに急に友達みたいな返信来た。急に絵文字使うな、笑っちゃうから。
視力検査ですが、私は書類上右目が見えないことになっているので(!?)呼び出されて入学時以来の視野検査を受けた。書類上右目が見えないことになっているってそこそこパワーワードじゃない? そんなことないか。
かれこれ二週間車に乗ってないし路上では人を殺す可能性があるので気を引き締めたい。運転教本はなくしたままだ。まだ不安要素がでかいけど、とりあえず一段落……。